ワインの酸化防止剤でアレルギー?!飲まずに我慢する???

この記事は3分で読めます

ワインボトルの裏ラベルには

食品添加物:酸化防止剤(亜硫酸塩)含有

との記載があります。

 

酸化防止剤・・・

なんだか気になるけれど、ワインは飲みたいし・・・

 

と、ひっかかるものがありながらも

ワインを飲む楽しさには勝てません。

 

しかし、

世の中の食品添加物に対する意識が高い昨今です。

酸化防止剤・・・やっぱり気になりますよね。

 

事実、

ワインの酸化防止剤によるアレルギーで

頭痛などを引き起こす人もいるのだとか。

 

家族や友人みんなとワインを楽しむために、

自分や身近な人がアレルギーかもしれないとの意識

持つことが賢明かもしれません。

 

ワインの酸化防止剤、そしてそのアレルギーについて

理解を深めておきましょう。

 

 

【ワインの品質を守る酸化防止剤。亜硫酸塩とは?】

computer_virus_danger_hacking_hacker_internet_sadic__2__2073x1610

 

ワインは葡萄を発酵させて造ります。

製造過程で酵母菌や雑菌などを濾過して除去しますが、

ごく少量は残ります。

 

そのため、瓶内で再び発酵したり

雑菌が繁殖してしまう可能性があるのです。

 

それを防ぐため、

酸化防止剤である亜硫酸塩が添加されます。

 

酸化防止剤という名の通り

生鮮食品の大敵である酸化」も防いでくれるのです。

また、ドライフルーツなどにも利用されています。

 

ワインは世界中に輸出入されており

その間、気温などがどんな条件下に晒されるか分かりません。

どんな状況でも、ある程度品質を守るためにも

酸化防止剤は添加されています。

 

 

【少量なら無害?酸化防止剤でどんなアレルギー反応が】

lonely_mood_sad_alone_sadness_emotion_people_loneliness_Solitude_3840x2160

 

品質を守るための酸化防止剤は

 

「ごく少量の摂取なら人体に影響はない」

 

と言われます。

 

しかし、それでも、

中にはアレルギー反応を起こす人もいるのだとか。

 

亜硫酸塩を摂取すると

頭痛や、喘息(ぜんそく)の反応を起こす人もいるのです。

 

もしもワインを飲んだ後

上記の反応がいつも起こるようなら

アレルギーである可能性があります。

 

もしかしたら身近にも

 

ワインを飲みたくても、

飲まずに我慢をしている人がいるかもしれません。

 

 

【酸化防止剤は約半量。オーガニックワインという選択も】

Wine_2560x1600 (1)

 

たとえアレルギーでなくても

極力自然なものを取り入れたいという考えが

世の中に広がっています。

 

大手酒造メーカーの日本産ワインには

「酸化防止剤無添加」を謳った商品が増えています。

なるべくワインと酸素と触れさせない製法を用いているとか。

 

また、

オーガニックコットンやオーガニックフードが

自然派思考の人々に人気ですが、

 

オーガニックワイン」を造っているワイナリーが

国内、海外に増えています。

 

オーガニックワインとは、

極力余分な化学物質を”使用しない”自然派ワインのことです。

 

それと似たものに

ビオワイン」というものもあります。

 

「酸化防止剤無添加なのかな」

と期待してしまいますが、

残念ながら、必ずしもそうではないようです。

ただ、化学物質を”約半量”に減らしていますから、

 

・アレルギー反応が心配

・亜硫酸塩の影響を懸念する

 

という人はオーガニックワインがオススメです。

 

 

オーガニックワインは

無農薬の葡萄を使っていて、

余分な香料も不使用のため

味も香りも自然でおいしいのだとか。

 

ネットショップでは

オーガニックワイン専門店もあり

手に入りやすくなっています。

 

例えば、ドミニク・ヴェルサーチワイン

完全無農薬で、無添加のワインです。

 

このワインに関しては、全世界で6000本しか生産されないので、

なかなかのお値段はしますが、

たまには贅沢しても良いんじゃないかと思います。

 

 

【まとめ:自然派ワインは今後ますます注目の的?】

 

 

ワイン人気は

今後ますます高まってゆくでしょう。

 

また、自然派思考も今以上に

広がるだろうと思います。

 

そのため自然派ワイン

今後、更に注目されてゆくのではないでしょうか。

 

酸化防止剤による影響やアレルギーを気にせずに

安心してワインを楽しめる時代がやってくることを

願うばかりです。

 

関連記事

  1. Wine_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。