料理に使う赤ワインや白ワインってどんなワインを使えばいい?他のお酒で代用はできる?

この記事は3分で読めます

料理のレシピを見ていると、

分量で白ワインや赤ワインと書いているものがあります。

 

でも一体どんなワインを使えばいいの?

家にワインがない!

 

という時の豆知識をご紹介します!

 

 

 

代用できるお酒

file7361252678835

 

 

白ワインは料理酒もしくは日本酒でも代用が可能です。

 

できれば料理酒よりずっとコクと旨みがある日本酒の方がオススメですが、

料理酒でも代用できないということはありません。

 

ただやはり風味が違うので、味見しながら使ってみてください。

 

また逆に、レシピに料理酒や日本酒と書かれている場合、

白ワインでの代用も可能だと思います。

 

赤ワインに関しては、独特なコクが出るので、

正直、代用できるお酒というのは難しいです。

 

 

安い赤ワイン500円程度のものもありますので、

赤ワインを使うレシピの場合は、思い切って買っちゃいましょう!

 

 

 

ワインを使った激ウマレシピ

STEAK_meat_meal_dinner_1728x1152

 

 

肉料理に赤ワイン、魚料理に白ワインがおすすめです。

ですが鶏や豚など、調理法によっては白ワインが合うものもありますし、

マグロの赤身やカツオ、ウナギなど、は赤ワインを使う調理法もあります。

「こってりした料理は赤ワイン、淡白な料理は白ワイン」と覚えておくと良いでしょう。

 

ここでは白ワイン、赤ワインを使ったおすすめのメニューをご紹介します。

 

 

 

白ワインレシピ

 

 

アサリの白ワイン蒸し

材料は、アサリ、白ワイン、ニンニク、オリーブオイルのみ!

シンプルだけどニンニクの香りも効いてお酒が進む一品

 

鶏肉のフリカッセ

フリカッセとはフランスの家庭料理で白い煮込みのこと。

バター等の油で たまねぎをしんなりするまで炒め、

鶏肉を加えて絡めて炒め、白ワイン、ブイヨン 、ローリエを入れて、

煮立ったら生クリームを加えてできあがり!

 

チーズフォンデュ

チーズ(ピザ用チーズや、グリエール、エメンタールなど)と、

白ワイン、コーンスターチ(片栗粉/薄力粉)、

後はお好みで胡椒などを加えて鍋で温めれば、あっという間にできます!

好きな具材をたーっぷりつけて召し上がれ!

 

 

 

 

赤ワインレシピ

 

 

赤ワイン煮込み

赤ワイン煮込みと言えば、フレンチの王道レシピ!

お肉とたっぷりの赤ワインでじっくり煮込めば旨みがたっぷりでてお酒がすすみます!

簡単なレシピもたくさんあるので、お料理が苦手な人も是非チャレンジしてください。

 

煮込みハンバーグ

煮込みハンバーグに赤ワインを使えばぐっとプロの味に近づきます。

普通のハンバーグは焼き加減が難しいですが、煮込みハンバーグだったら

簡単にふっくらジューシーに仕上がります。

 

フルーツのコンポート

フルーツと赤ワイン、グラニュー糖、シナモンなどのスパイスがあれば

簡単にできちゃうデザートです!

煮詰めて冷やすだけなので飲み残しのワインがあったら

コンポートに使っちゃいましょう。

白ワインでもできちゃいます

 

 

 

 

料理に使うワインの種類と保存方法

file000580012160

 

 

スーパーで売っている料理用ワインの他、

より本格的な味わいに仕上げたい時は、

500~1500円程度の安いテーブルワインもおすすめです。

 

できれば白ワインは「辛口」、赤ワインなら「重口」

書いてあるタイプの方が料理には合わせやすいでしょう。

 

保存方法ですが、

パックやビンに料理用と書かれているような

料理用ワインであれば、空けてから

冷蔵保存で1か月程は使用できます。

 

飲用のテーブルワインであれば、

しっかり栓をして冷蔵保存で1週間~10日ほどは使用できます。

 

 

 

まとめ

 

 

ワインは開けなければ悪くなるものではないので、

赤も白も1本くらい常備しておくのがオススメ

買うのであれば、飲んでも楽しい&料理に使っても楽しい、飲用ワインが○!

これを機会にワインをフル活用してみてください!

 

 

関連記事

  1. IMGP4546
  2. OMEGA_LITHIUM_industrial_metal_heavy_glasses_wine_1920x1328
  3. file1181268322932
  4. wine_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。