赤ワイン白ワイン初心者でも飲みやすいワインを選ぶポイントは?

この記事は3分で読めます

普段ワインは飲まないし、

 

どうやって美味しいワインを選べばいいかわからない!

 

という方は多いと思います。

 

ワインショップに言っても説明書きの見方がよくわからない。

 

甘口、辛口、ライトボディ、フルボディって何!?

という方のために

 

ワインを選ぶときのちょっとしたポイントをご紹介します。

 

 

 

赤ワインを選ぶポイント

Wine_Bottles_Rack_macro_2880x1800

 

 

赤ワインだと、味わいのコク、重み、厚み等を表すとして、

 

軽め=ライトボディ
やや軽め/やや重め=ミディアムボディ
重め=フルボディ

 

と表示されます。

 

軽め=ライトボディのタイプの赤ワインは、
見た目にも明るく淡い、透き通ったような色合いで、
味わいもフレッシュでフルーティー、サラサラと飲めるタイプで
酸味もほどよくあるものが多いです。

 

 

この軽め=ライトボディタイプを

ブドウ品種であらわすならば

 

ピノノワール
ガメイ
マスカットベリーA

 

などのブドウ品種に多い味わいになります。

 

 

 

重め=フルボディタイプの赤ワインであれば、
見た目は濃く、透明度はあまりなく、
味わいは、甘みもしくは渋みがしっかりあり、濃縮感があります。
ワインによってそれぞれ個性はあるものの、
カシスはブルーベリー、ブラックベリーの黒い果実の味を中心に、
カカオやジャム、スパイシーな味わいのものも多くあるでしょう。

 

 

重め=フルボディタイプの特徴がでるブドウ品種としては、

 

カベルネソーヴィニヨン
メルロー
シラー(シラーズ)
サンジョベーゼ
テンプラニーニョ

 

などがあります。

 

 

 

そしてその中間がやや軽め/やや重め(ミディアムボディ)です。
ミディアムボディのワインは作り方や作られる国によっても変わってきます

 

主にはフルボディタイプのブドウ品種と被るものも多いですが、

 

 

ネッビオーロ
モンテプルチアーノ

 

などが挙げられます。

 

 

 

白ワインを選ぶポイント

VALENTINES_DAY_mood_love_holiday_valentine_wine_rose_roses_alcohol_2048x1536

 

 

白ワインだと、ワインに含まれる残糖量から感じる味わいとして、

 

辛口
中辛口/中甘口/中口
甘口

 

と表現されます。

 

辛口の白ワインは、甘さ控えめ、フレッシュで爽やか、
すっきりとしていて、酸味が豊かなタイプが多いと思います。

 
ブドウ品種で表すなら

 

ソーヴィニヨンブラン
ミュスカデ
甲州
シャルドネ(中辛甘にもあるが、シャブリというワインには辛口が多い)

 

などが一般的です。

 

甘口の白ワインは、

フルーティーでまろやか、とろっとしていて
言葉のままに甘さを感じるタイプのワインになります。
ブドウ品種は、

 

セミヨン
ゲヴェルツトラミネール
リースリング(辛口もあり)
ヴィオニエ

 

などがあります。

 

もちろんこの他にも多くのブドウ品種があります。
ここで挙げたものは代表的な品種ですので覚えておくとよいでしょう。

 

 

 

自分好みのワインを見つけるために・・・

wine_2560x1600

 

 

まだワインを飲みなれていない方は、
先ずはワインショップの店員さんや、
飲食店の店員さん、
ワイン好きの友人におすすめのワインを聞いて
色々試してみるのが一番です!

 

 

その中で少し美味しいな、と思うワインがあったら、
是非ラベルを写真におさめて、

 

ブドウ品種や生産国を調べて覚えておく

 

ことをおすすめします。

 

 

ワインはブドウ品種で大きな特徴が出ます。
ですので一度飲んで美味しかったワインはメモしておきましょう。

 

 

次にワインを試すときはメモしたものと同じブドウ品種のものを選んでみます。
そうして何度か試すと好みの傾向がわかってくるかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

 

飲みやすい好みのワインを見つけるのは、

最初は難しいかもしれません。
だけど、ブドウ品種や、甘口・辛口などの表示
またちょっと上級者になると、生産国によって
選び分けられるようになると思いますよ!

 

関連記事

  1. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  2. IMGP4546
  3. wine_1920x1200
  4. Woman_with_Wine_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。