白ワインは辛口派!ハズレのない人気のセレクトとは?

この記事は3分で読めます

 

一番好きなワインの種類は?との質問に、

 

辛口の白ワイン!

 

と答える人は多いでしょう。

 

 

あえて辛口、という答えが多いのは、

甘口よりも辛口の方が食事に合わせやすいからかもしれません。

 

 

 

ビールに飲み慣れている人などはとくに、

辛口白ワインを違和感なく味わえるのでしょう。

 

 

そこで今回は、ハズレのないセレクトをしたいあなたに、

 

・品種を目安にした辛口白ワインの選び方

・辛口派に人気の白ワイン

 

についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

【目安にしよう。辛口派に人気のブドウ品種2つ】

green_water_fruits_limes_1920x1080

 

 

 

飲んだ途端に「甘!」となってしまっては、

ドライな風味を求める辛口派はがっくりでしょう。

 

 

すべてのワインに「甘口」「辛口」の説明書きがあるわけでもなく、

「辛口」との説明があっても香りによって甘く感じる場合があります。

 

 

 

辛口白ワイン派に人気の2つの品種

 

 

・シャルドネ種

 

・ソーヴィニヨン・ブラン種

 

 

 

です。

 

 

 

シャルドネ種の白ワインは、

フランスブルゴーニュ地方が代表ですが、

カリフォルニアやチリなど世界各地で生産されており、

 

とても手に入りやすい品種のひとつです

 

 

味わいはドライですが、

暖かい地域で栽培されたものほどはトロピカルな香りが出やすく、

甘く感じられる場合もあります。

 

しかし、甘すぎる、ということはないでしょう。

 

 

 

 

ソーヴィニヨン・ブラン種の代表的な産地はボルドー地方。

 

赤ワインのイメージが強いボルドーですが、

白ワインの品質の高さも負けてはいません。

 

 

こちらもカリフォルニア、ニュージーランド、チリなど

ニューワールドでの生産が盛んですから手に入りやすいでしょう。

 

 

香りはライムやハーブ。

フルーティーさもありながらグリーンな印象が強いため、

甘い香りをそれほど感じません。

 

 

そのため、どちらかというと、

ソーヴィニヨン・ブランの方が辛口派向きかもしれません。

 

 

 

【辛口派に人気のシャブリ。ポイントは「ミネラル感」】

stones_crystals_digital_art_minerals_geology_quartz_colors_1920x1080

 

 

 

辛口ワインといえば、「シャブリ」は外せません。

 

 

以前の記事

もはや呪文?シャブリはグランクリュでブランショでしょ!

憧れシャブリのグランクリュ。地図でわかるその特徴とは?

でも紹介しましたが、

 

 

フランス、ブルゴーニュ地方のシャブリ地区の白ワインは、

「寿司や牡蠣に合う」と日本でも大人気の白ワインで、

辛口白ワインの代名詞とも呼ばれています。

 

 

「シャブリ地区の…」と説明しなくても、

「シャブリ」で通じるくらい辛口派にはメジャーなワインです。

 

 

そのシャブリの味わいを表現する代表的な言葉が「ミネラル感」。

 

ミネラルと聞くと「?」となってしまいますが、

「コントレックス」のような硬度の高いミネラルウォーターに近い味わいです。

 

 

シャブリ地区のブドウ(主にシャルドネ種)は、

「キンメリジャン」と呼ばれる石灰岩の土壌に育ちます。

 

その土壌がワインにミネラル感を生み出し、ワインに深みを与えています。

 

 

甘みよりも酸味やミネラルを感じるドライな味わいです。

間違いなく辛口を選びたいという人にはシャブリがおすすめです。

 

 

 

【まとめ:休日ランチは辛口白ワインとパスタで乾杯!】

 

 

 

ハズレなしの辛口白ワインを探すなら

 

 

・ソーヴィニヨン・ブラン種の白ワイン

 

・ブルゴーニュ地方、シャブリ地区の白ワイン

 

 

 

この2つを目安に探すことがおすすめです。

 

 

 

辛口白ワインには、シンプルに塩味の効いた料理がおすすめ。

 

アンチョビを使った料理とはベストなマリアージュです。

 

休日のランチには、

辛口白ワインとアンチョビのペペロンチーノで乾杯なんていかがでしょうか?

関連記事

  1. wine_1920x1200
  2. [wallcoo.com]_French_Food_photo_EU085
  3. Wine_1920x1200 (2)
  4. Wine_2560x1600

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。