敬老の日はいつ?2015年秋の連休は祖父母に会いに行こう!

この記事は3分で読めます

 

「敬老の日って9月15日だよね?」

 

と言っているあなたは

敬老の日の贈り物をしばらく忘れているかもしれません。

 

 

母の日、父の日ならともかく、

 

敬老の日は、なんだか年寄り扱いしているようだから贈り物はあえて控えている

 

という理由もあるかもしれません。

 

 

しかし、孫からのプレゼントは何であれうれしいもの。

 

何か喜んでもらえるものを選んで贈りたいものです。

 

 

ただ、最近はおじいちゃんおばあちゃんといっても若々しい人が多いのも事実。

だからこそ、何を贈ればよいのか迷います。

 

 

今回は、

 

・2015年の敬老の日はいったいいつなのか

・どんなプレゼントがおすすめか

 

をご紹介します。

 

 

 

【2015年の敬老の日は、5連休の真っ最中】

Packed for travel

 

 

かつて敬老の日といえば9月15日と決まっていましたが、

祝日法改正により、2003年より9月第3月曜日となりました。

 

 

2015年は9月21日の月曜日

 

9月19、20日の土日休みを入れるとすると、

9月23日の秋分の日まで最大5連休となります。

 

 

 

もしも祖父母と離れて暮らしているなら

帰省を兼ねてプレゼントを渡してもいいかもしれません。

 

 

 

【3つの定番プレゼント。マンネリ化を避ける方法とは】

file0001430598920

 

 

敬老の日のプレゼントとして人気のものといえば、

 

・花

・菓子

・お酒

 

この3つは定番で、ランキングなどでは常に上位です。

 

 

このような定番商品は「これでいいや」とマンネリしてしまいがちです。

 

贈る相手は人生の大先輩。

そんな気持ちはすぐに見抜いてしまうでしょう。

 

 

定番のものでも、「喜んでほしい」という気持ち伝わればOK。

そして、マンネリ感が出ないように次のことを意識しましょう。

 

 

 

 

 

・毎年違う花を贈る。

 

・花束は自分のアイデアでアレンジをしてもらう。

(「祖母は紫の服が多いから紫の花をメインにアレンジなど」)

 

 

 

菓子

 

 

・敬老の日=和菓子という思い込みは捨てる

 

・残暑が厳しい時期であれば、アイスクリームやプリンを。

 

 

 

お酒

 

 

・おつまみも添えて贈る。

 

・長く使えそうな盃やビールグラスを一緒に贈る。

 

 

 

【年を重ねたからこそ!味わい深いエレガントなワインを】

Wine_3347x2630

 

 

上記で触れたように、

敬老の日のプレゼントとして人気のもののひとつがお酒です。

 

 

お年寄りは日本酒や焼酎ばかり飲むものだと思っていると大間違い

 

 

赤ワイン、白ワインなど

幅広くお酒を嗜んでいる方が多いのです。

 

 

考えてみれば、ワインは経験によって嗜み方を深められるお酒です。

 

複雑な香り、味わいを奏でるワインを味わうことは、

年齢を重ねた人の特権でしょう。

 

 

 

もしも祖父母がワイン好きなら、おすすめは次の2つです。

 

 

①マルサネ・シャン・ペルドリ

 

 

(↑Amazonリンク)

 

 

フランスはブルゴーニュ地方、マルサネ村で造られた

ピノ・ノワール種の赤ワインです。

 

ブルゴーニュワインらしいエレガントさがありながら

果実の味をしっかりと感じることができます。

 

 

 

②ドメーヌ・ブリュノ・クレール マルサネ・ブラン

 

 

(↑Amazonリンク)

 

 

同じくマルサネ村で造られた、

シャルドネ種80%、ピノ・ブラン種20%の白ワイン。

 

2種をブレンドすることで、

白ブドウのすっきり感の中にも深い味わいを実現しています。

 

 

 

【まとめ:連休の秋。しかし敬老の日も忘れずに。】

 

 

 

最近は、連休の秋とばかりに旅行の予定を入れる人も多いことでしょう。

 

しかし、敬老の日の存在を忘れないようにしたいものです。

 

直接渡せなくとも、配送などで気持ちを伝えることもできます。

おじいちゃんおばあちゃんの喜ぶ顔を想像して、

今のうちにプレゼント案を練っておきましょう。

関連記事

  1. file6741271974648
  2. _MG_0490 as Smart Object-1
  3. DSCN5786

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。