自由すぎる!?ワインの飲み方。氷入りでも全然OK!

この記事は2分で読めます

 

買ってきたばかりのワイン、早く飲みたい!

 

でも、冷蔵庫に入れておいてもなかなか冷えず、

ワインクーラーを準備するのも面倒で…

 

「いっそ、氷を入れて飲んでしまいたい!」

「けれど、そんな飲み方は邪道かな!?」

 

 

そう思ったことはありませんか?

 

 

いえいえ、高級ワインならともかく、

デイリーに楽しむワインなら、

 

を入れても全然OKなんです。

 

邪道なんてとんでもなく、

ましてや妥協してぬるいまま飲むなんて、非常にもったいないことです。

 

 

そこで今回は、

 

・氷入りのワインの楽しみ方、

・その際の注意点

 

をご紹介します。

 

 

 

【氷でワインをのど越し良く!フルーティーなニューワールド産がベスト】

Mixed_Fresh_Fruit_2560x1600

 

 

実は、ワインに氷を入れる飲み方は、

ワインラバーには定番の飲み方で、全然邪道ではないのです。

 

どちらかといえば繊細な味わいのフランス産ワインより

 

オーストラリア、カリフォルニア、チリ産

 

などのワインが氷入りワインに適しているようです。

 

 

ワイン生産国の中でもニューワールドと呼ばれるこれらの国は、

さんさんと降り注ぐ太陽の恵みで、ブドウがよく育ちます。

 

そんなジューシーなブドウから造られるワインは、

味や香りが濃く、とてもフルーティーです。

氷を入れても負けない強さがあります。

 

 

しかもリーズナブルです。

 

もちろん氷が入れば薄まりますが、それがかえってワインを

グンと飲みやすく、のど越し良くさせています

 

暑い日差しの中、冷え冷えの氷入りワインは最高!

夏のガーデンパーティーにピッタリです。

 

ぜひ試してみて下さいね。

 

 

 

【あせらないで!冷凍庫にワインボトルは厳禁!】

foos_drinks_water_splash_drops_liquid_ice_cubes_square_shapes_blue_contrast_color_clear_photography_cup_glass_1920x1200

 

 

ワイングラスはよいグラスほど薄いガラスで作られています。

そのため氷を入れると割れる恐れがあります。

 

氷をそっと入れるようにするか、

必ずしもワイングラスを使う必要はありませんから、

丈夫なガラスコップを使うようにしましょう。

 

 

また、氷を入れるにしても、必要以上に溶けないよう、

あらかじめボトルごと冷やしておきたいという人もいるでしょう。

 

その際、短時間で冷やしたいと思っても

ボトルごと冷凍庫に入れるのは避けましょう。

 

水分は凍ると膨張しますから、ボトルが割れる危険があります。

 

 

また、中の成分が結晶化して風味も落ちるとのこと。

 

面倒でも、すぐに冷やしたいときは氷を入れたワインクーラーや

なければ清潔なバケツ状の入れ物を利用しましょう。

 

 

 

【まとめ:意外と自由度の高いワイン】

 

 

 

いかがでしたか?

 

ワインは飲み方やマナーなど、決まり事がありすぎると敬遠されがちな飲み物ですが、

全くそんなことはなく、意外と自由度の高い飲み物です。

 

この夏、ガーデンパーティーでワインを楽しむなら

氷をたくさん入れたアイスペールは必須アイテムかもしれません。

 

 

普段はじっくり果実味を味わいたいワインでも、

夏はむしろ、ちょっと薄めた飲み方の方がおいしく感じられると思います。

 

ぜひ、おいしい氷入りワインで、火照った体をクールダウンしましょう!

関連記事

  1. IMGP4546
  2. dark_blood_screaming_murder_1747x1382
  3. IMG_4535

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。