理にかなっていた!ワイングラスとボトルに秘められた意味とは?!

この記事は3分で読めます

 

もし、友達同士で紙にワイングラスボトルを描くとしたら

人によって形に違いが出てくるのではないでしょうか。

 

長身ボトルに太ったボトル

底が丸いグラスに、細長いグラス…

 

人それぞれ「ワイングラスとボトル」に

微妙なイメージの違いがあるようです。

 

それは、見たり聞いたりという

経験からくるイメージだと思います。

 

 

普段、漫然と眺めているワイングラスやボトルですが

実は、その形にきちんと意味があります。

 

そこで今回はワイングラスやボトルに、

どんな種類があり、どんな意味があるのかご紹介しましょう。

 

 

 

【収納と輸送のため。時代とともに変化したワインボトル】

file000820302464

 

 

現在のようなワインボトルが考え出される以前、

ワインはアンフォラと呼ばれる壺のような容器に貯蔵していたそうです。

 

今や、多少の違いはあれど、たいていの人は

ボトルと言えば背の高い細身のものを思い浮かべるでしょう。

 

ブランデーのように丸々としたボトルでも良さそうなものですが、

その形には意味があります。

 

 

ワインは、ボトルのまま貯蔵したり、輸送したりする必要があります。

 

もしもボトルが丸いフォルムだとしたら、

限られたスペースに収納すると、無駄な空間ができてしまいます。

 

 

しかし、細身で背の高いボトルなら

横向きに重ねれば、隙間なく並べることができ、

相当数の収納が可能で、輸送にも適しています

 

ワイン文化の発展とともに

ボトルの形もそのニーズに合わせて徐々に変化を遂げたのでしょう。

 

 

 

【いかり肩ボルドー、なで肩ブルゴーニュ】

file0001270454451

 

 

ワインボトルには大きく分けて2つあります。

 

ボトルの首が短く、”いかり肩のボルドー型

ボトルの首から肩にかけてなだらかな、”なで肩のブルゴーニュ型

 

 

 

なぜボルドー、ブルゴーニュという分類かといえば

それぞれボルドー地方、ブルゴーニュ地方産の、

 

ワインの特性に合わせたボトルだからです。

 

 

ボルドー地方の特徴的なワインといえば

濃厚で渋味が効いたカベルネ・ソーヴィニヨン種主体の赤ワインです。

 

そのような濃く渋い赤ワインには「」がつきものです。

 

澱(おり)とは、

ワイン製造過程で発生する、渋味や色素の成分が結晶化したもの

 

無害ですが、澱がグラスに入ると舌触りに影響します。

 

 

しかし、いかり肩ボトルなら

注ぐ際に澱が肩部分でひっかかるため、グラスへの混入を防ぎます

 

 

 

一方、

ブルゴーニュ産の香り高く渋味の穏やかなピノ・ノワール種の赤ワインは

澱の発生が少なく、ボトルがいかり肩である必要がありません

 

また、上下互い違い積み上げて大量に収納できるように

なで肩が考案されたと言われています。

 

 

この2つはボトルの代表的な形ですが

きちんと意味があって考案されたものなのですね。

 

 

 

【ワイングラスにもボルドー型、ブルゴーニュ型が】

 

 

 

http://www.morguefile.com/archive/display/747510

このように、ボトルにも個性の違いがはっきりある2つの地方ですが

グラスにもボルドー型、ブルゴーニュ型があります。

 

チューリップの花のような”ボルドー型グラス

底が広いボウルのような”ブルゴーニュ型グラス

 

 

やはり、それぞれの形に意味があります。

 

渋味の多いボルドー産ワインは

酸素に多く触れることにより香りが立ち、渋味がまろやかになります。

 

それゆえ、空気が入りやすい口が広めのボルドー型グラスが適しているのです。

 

 

 

一方、ブルゴーニュ型グラスは

広く丸い底でグルグルとワイン液を回し、

ブルゴーニュ産ワインの特徴である、その芳香を引き出すことができます

 

口は底に比べてすぼまっており、香りが逃げにくく、いつまでも香りを楽しめます。

 

 

それぞれのワインの魅力を引き立てる形となっているのですね。

 

 

 

【まとめ:ボトルやグラスから味わいが見えてくる】

 

 

 

不思議なことに、

ボルドーのいかり肩ボトルやチューリップ型グラスの形が

ボルドーワインのスパイシーな濃厚さも表現しているように思えてきます。

 

ブルゴーニュのなで肩ボトルとボウル型グラスも

ブルゴーニュらしい、ふくよかでエレガントな香りを思い起こさせてくれます。

 

 

グラスやボトルの違いを知れば

ワインの個性を外見だけで見抜くこともできるかもしれませんね。

関連記事

  1. IMG_4535
  2. wine_1920x1200
  3. file1181268322932
  4. Wine_1920x1200 (1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。