ポリフェノールの多いワインは、渋くて長生きするタイプ!?

この記事は3分で読めます

ポリフェノールという言葉を知らない人は

今や存在しないのではないかと思うほど、

私たちの生活にポリフェノールの存在が浸透しています。

 

 

さかのぼること1990年代。

日本では赤ワインブームが巻き起こりました。

 

 

それは赤ワインに多く含まれるポリフェノールが

動脈硬化などを予防するとメディアが報じたことがきっかけだったようです。

 

 

健康とはかけ離れたイメージのお酒でありながら、

体に良い、というギャップが人々の心を掴んだのかもしれません。

 

そのポリフェノールブームも、最近は落ち着いたように思えますが、

 

「赤ワイン=ポリフェノール=健康」

 

のイメージは、もう定番。

 

同じワインを飲むのなら

より健康に良いものを、と思うのは自然なことですね。

 

 

そこで今回はポリフェノールとはそもそもどんな成分なのか

また、ポリフェノールの多いワインはどんなワインかをご紹介します!

 

 

 

【ワインも、体も!酸化を防ぐポリフェノール】

red_wine_and_beautiful_girl_2560x1600

 

 

ポリフェノール

赤ワインを飲んだとき、舌に感じる渋み成分です。

 

また、赤ワインの色の成分でもあります。

 

 

渋みは風味の一部でもあり、

その抗酸化作用(酸化を防ぐ)で

赤ワインの長期保存を可能にする成分でもあります。

 

 

また、油っぽいものを食べると

コレステロールが体内で酸化し、

動脈硬化などの原因となってしまいますが

 

ポリフェノールはその酸化を抑えてくれるため

赤ワインを飲むことで

動脈硬化を予防することができると言われています。

 

 

そして、そのポリフェノールは

原料となるブドウの果皮、種子に多く含まれています

 

意外なところで、

熟成するときの樽にも含まれているそうです。

 

果皮や種子を取り除いて製造する白ワインより

それらを含めた果汁を発酵させる赤ワインの方が

ポリフェノールが多いのです。

 

 

生食用ブドウに比べ

果皮は厚く、種子は大きいワイン用ブドウですが

その中でもよりその傾向が強いブドウ品種のワインを選ぶと

多くのポリフェノールを摂ることができそうです

 

 

 

【渋くて長生き!?ポリフェノールが多い3つのブドウ品種とは】

DSCN6858

 

 

では、どんな赤ワインに

ポリフェノールが多く含まれているのでしょうか。

 

ポイントは

 

・渋みが強い

・長期熟成型

 

この2つです。

 

 

この観点で選ぶと

 

・カベルネ・ソーヴィニヨン種(フランス、チリ)

・シラー種(フランス、オーストラリア)

・ネッビオーロ種(イタリア)

 

 

この3つの品種は他に比べ

渋みが多く、長期熟成に耐える「長生き」タイプ

 

ポリフェノールが多いといえます。

 

 

少しでも多くポリフェノールを摂りたいなら

これらが主に使われているワインを選ぶとよいでしょう。

 

逆に、ボジョレー・ヌーボー(ガメイ種)のように

解禁日から3ヶ月以内に飲むのが最適な「早飲み」タイプは、

ポリフェノールが比較的少なめです。

 

 

 

【まとめ:赤ワインで楽しく健康維持を】

 

 

 

いかがでしたか?

 

これまで赤ワインには興味がなかった人も

ポリフェノールがきっかけでワインにハマる

ということもあるかもしれませんね。

 

 

もちろん、

健康によいからといって飲み過ぎはよくありません。

適量を定期的に飲むというのがベストなようです。

 

渋み成分であるポリフェノールは

ワインの色や味わいを構成する大切な要素でもあります。

 

赤ワインの濃厚な色や風味を楽しみつつ

健康維持できたら何よりですね。

関連記事

  1. Wine_1920x1200 (1)
  2. IMGP4546
  3. OMEGA_LITHIUM_industrial_metal_heavy_glasses_wine_1920x1328
  4. [wallcoo.com]_French_Food_photo_EU085

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。