高品質で低価格!チリワインの「モンテス」がおすすめの理由

この記事は2分で読めます

巷で「コストパフォーマンスが高い

と評判のチリワインは,

 

日本では90年代、ポリフェノール効果への関心とともに

注目が集まりました。

 

当時は品質があまり良くないものもあったそうですが

「チリワイン=安い=品質イマイチ」のイメージは払拭しつつあります。

 

今では「チリカベ」という言葉が

ワイン好きの人々に定着しているほどです。

 

「チリカベ」とは

チリのカベルネ・ソーヴィニヨン種」の略語だとか。

 

そんな注目度の高いチリワインですが

おすすめは「モンテス」という銘柄です。

 

「コノスル」「アルパカ」「サンライズ」と

チリワインにはすでにおなじみの銘柄がありますが、

 

なぜ「モンテス」がおすすめなのか。

今回はその理由をご紹介します。

 

 

【「モンテス」おいしさの秘密はそのテロワールにあり】

wine_2560x1600

 

アンデス山脈の側で標高が高く

太平洋からの涼しい海風が吹き、

その上湿度が低く、

チリはブドウ栽培にこれ以上ないほどの条件を兼ね備えた土地です。

 

そんなチリの気候や地形に着目した醸造家のモンテス氏らが

1980年代に「モンテス社」を設立しました。

 

恵まれたテロワール(生育環境)から生まれた

カベルネ・ソーヴィニヨン種の赤ワインは

世界中で大評判となり専門家にも高く評価され

機内用ワインに採用されたこともあるそうです。

 

ブドウ栽培に好条件の土地で

創業者たちの熱意が結集したワインが

おいしくないわけがありませんね。

 

カベルネ・ソーヴィニヨン種だけでなく

シャルドネ種などの白ワインも負けずにハイクオリティだとか。

 

チリのブドウ産地は中央部に集中していますが

その密集した地域で赤白様々な品種を栽培できてしまうとは

よほどテロワールに恵まれている証拠です。

 

 

【デイリーにもちょっとした贈り物にも。万能なモンテス】

box_bows_ribbons_gifts_christmas_new_years_2560x1600

 

「モンテス」には様々なシリーズがあります。

 

クラシックシリーズ(1,620円)

アルファシリーズ(2,376円)

アルファ・エム(11,880円)

 

デイリーに楽しめる「クラシックシリーズ」から

ちょっとした贈り物に最適な「アルファシリーズ」

 

そして高級感あふれるアルファ・エムシリーズは

結婚祝いや引っ越し祝いなど

きちんとした贈り物にもピッタリです!

 

どのシリーズにもラベルに優雅な天使が描かれており、

「安っぽさ」を感じさせない点が

他のチリワインとの差を決定づけているかもしれません。

 

品質の良さは確かなので

どんな場面でもオールマイティに使えます。

 

ちなみに、ここで買えます。↓↓↓


 

 

【まとめ:「モンテス」で自分の好みを探ろう】

 

 

チリワイン「モンテス」は日本でも

安ウマワイン」としてメディアで度々取り上げられています。

 

しかし、評論家やメディアに好評価されても

どこがどういいのか、自分の感覚で知りたいですよね。

 

「モンテス」をはじめチリワインは、

使用する品種がはっきりしていますから

「自分の求める味」を探したい人にもおすすめなのです。

 

味はお墨付きなのに低価格

まとめ買いも可能な範囲です。

 

「左から順にシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン…」と

グラスを並べ、そのおいしさを楽しみつつ

あなた好みの味をぜひ探してみて下さい。

関連記事

  1. Woman_with_Wine_1440x900
  2. Wine_1920x1200 (2)
  3. Wine_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。